雑学

5円玉!穴があいているのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。



5円玉に穴があいているのは何でだろう?別に穴があいていなくてもいいのにねぇ(*^^*)

5円玉は1949年(昭和24年)に製造がスタートしました。この頃の五円玉と現在の五円玉! ほぼ同じデザインですが、国という文字だけ、「國」 という旧字体を用いています。

[ad] 

五円玉に穴が開いている理由は、当時の時代背景と関係があります。戦後間もない時期でしたので、経済が凄く混乱していました。

そこで、材料費を節約するために考案されたのが穴をあける事でした。つまり、穴をくりぬけば、少しだけ節約できる(^^) そんな発想で穴を開けていたのですね☆

ちなみに、50円玉に穴が開いているのは、100円玉と区別をするためです。 1955年に誕生した50円玉。 しかし、当時の50円玉は穴があいていなかったのです。

1957年、100円玉の製造が開始されてから、「区別がつきにくい・・・」 という事で1959年に新50円玉の製造を開始、穴あき50円としてデビューを果たしました。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました