雑学

イギリス競馬!ムチの回数に制限が・・・

この記事は約1分で読めます。

近代競馬の発祥地はいったいどこでしょうか?

なんと!
動物をとっても大切にしているイギリスが発祥地だったのです。

1540年、世界初の競馬場(チェスター競馬場)が建設され、この地で競馬の歴史が誕生します。

[ad] 

動物愛護国であるイギリス!
馬をムチで打って競わせるなんて・・・ ちょっと意外ですよね。

しかし、イギリスにはあるルールが存在するのです。
それは、「ムチを打つ回数を10回までですよ~!」 と制限が設けているのです。

じゃあ制限を忘れ、
10回以上ムチ打ってしまった場合はどうなるの?

10回以上ムチを打っても着順は変動はありません。
2005年、武豊騎手もゼンノロブロイという馬に騎乗したとき、十回以上ムチを打ってしまいました。

しかし、4日間の騎乗停止処分になっただけで、そのときの着順に変動はありませんでした。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました