雑学

みかんなどに含まれるβクリプトキサンチン!がん予防や老化などに効果がある

この記事は約2分で読めます。

みかんをいっぱい食べると肌が黄色くなります。
これは、みかんの色素であるβ(ベータ)クリプトキサンチンが脂肪酸に溶けてしまうためです。 → 健康雑学93参照

このβクリプトキサンチン!

ガンを抑制したり、骨の代謝を活発にしたりする役割があるのではないか?といわれており、10年ほど前から注目を集めているのです。

[ad] 

人間は常に酸素を取り込んでいます。しかし、使われなかった酸素の一部は、活性酸素と呼ばれるものになってしまい、体をさび付かせているのです。

これがガンや老化の原因となっています。

しかし、動物実験などから、βクリプトキサンチンは活性酸素をガードする役割が確認されており、皮膚がんや大腸がんなどに効果がある事がわかっています。

ある実験によると、一週間にみかんを二個食べている人は、みかんをまったく食べていない人と比べ、βクリプトサンチンの割合が2倍から3倍ほど多かったそうです。

最近、さらに研究が進められ
2007年、脂肪細胞が大きくなるのを防ぐ役割がある
2009年、腸の免疫能力に効果がある

などの発表もありました。

βクリプトキサンチンが含まれる食べ物は
「みかん」・「グレープフルーツ」・「レモン」・「ニンジン」・「かぼちゃ」・「マンゴー」・「とうもろこし」などです。

摂りすぎによる副作用は報告されていませんが、偏った食べ方は控えたほうがよろしいかと思います。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました