雑学

使わなくなったお札!リサイクルされている

この記事は約2分で読めます。



環境用語に「3R」という言葉があるそうです。

Reduce  リデュース (ゴミを減らす)
Reuse   リユース  (再び使う 中古品など)
Recycle  リサイクル (再資源化 古紙をトイレットペーパー 等)

この三つの頭文字をとって「3R」(スリーアール)といいます。

このような単語があるのだから、
使えなくなったお札もリサイクルされていますよね~?

[ad] 

大半のお金は処分されてしまいます。しかも、お金を焼却処分しているのです。(あ~ まるでお金が紙くずのようだ・・・)

しかし、社会的にリサイクルを促進している時代です!例えば、2006年の日銀松本支店の場合、裁断された50億トンのうち12トンをリサイクルとして再利用していました。

これはお札ストラップ!しかも本物のお札を裁断したものです♪

おおお~~ これは今宮戎神社の福銭というもの。
こちらもお札の裁断されたものです。

このような商品が数多く存在し、
消費の起爆剤になる可能性も秘めています。

その他、「ダンボール」・「ティッシュペーパ」・「住宅の外壁」・「書類箱」・「バインダー」などにも使われており、裁断の一部はリサイクルされているのです。

Q どうすれば裁断されたお札を手にする事ができるの~~~?

A 日本銀行の支店は全国に32ヵ所あります。リサイクル業者は日銀の支店と契約を結び、裁断されたお札を手に入れているのだそうです。

新たな商売にいかがでしょうか^^?

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました