雑学

疲れのメカニズムはある程度解明されている

この記事は約3分で読めます。

あぁぁ~ どうして疲れるんだろぅぅぅ(;´Д`)
疲れのメカニズムを知っていれば、幸せな生き方ができるかも(・*・)

よし! それでは疲れの本質を調べてみるか^^v

人の体に潜伏しているHHV-6というウイルスが存在しています。
疲れが溜まると、唾液からHHV-6ウイルスが大量に含まれるそうで、「自分はどれだけ疲れているのだろうか?」 ← 数値で表す事が可能となっているのです。

[ad] 

それでは、今回の物語に出てくるキャストの紹介です♪
「疲労君」・「FFちゃん」(タンパク質)・「HHV-6さん」(ウイルス)・「疲労感」の四人です♪(疲労と疲労感を別々に考えてください)

まず、体に負荷を与えましょう~♪
A君、「あー24時間休みなしで仕事をしたよー(TT) 頑張ったなぁー」
疲労君、「24時間働くもんだから、A君に疲労をいっぱい与えたぜ」

すると、A君の体内にある ”FF” というタンパク質が大量に作られました。このFFちゃんが脳に命令を出してしまうのです。

FFちゃん
「疲労感を与えなさい!というメッセージを伝えちゃうからね~♪」

そうなんです!
このFFというタンパク質が増えてしまうと、疲労感につながってしまい・・・ 重い状態になると、心の病気や免疫力の低下などが発生してしまうのです。

FFが増えるとどうなるか?

A君の場合、
「あ~~疲れた!! 集中力がなくなっちゃった」

HHV-6さんの場合
「やべーー FFが増えると俺たちは住みづらくなる!逃げよう~」 こうして、唾液にHHV-6が大量に含まれる事になるのです。

ということは・・・・
このFFの数値を減らせば疲労感のない体になる! 実はこのFFを少なくする方法が存在するのです。 いったい何をすればよいのだろう?

FFを少なくする方法ってなぁに?
旅行やスポーツなどをすればいいの~~?

違いますぅぅ~ヽ(`д´)ノ
体を動かそうとすると、逆にFFが増える傾向にあるのです。

では何をすればいいのさぁ~?

結果発表~♪
FFの数値を減らすためには寝るのが一番です☆
いっぱい寝た後、FFの数値を調べてみると正常値に戻るのです。疲れを感じたら、とにかく寝てください。

「疲れたなぁ~」
と感じたならば、まずは体をリフレッシュ☆

FFが減少してから、スポーツや温泉などに行き、心をリフレッシュさせれば文句なし( ̄ー+ ̄)  睡眠って大切なんですね(*゚∀`)ノ

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました