雑学

シャツの黄ばみはチョークで落ちる!

この記事は約2分で読めます。

 

衿についたシャツの黄ばみ(°´Д`°)
落とそうとしてもなかなか落ちませんよね。

実はシャツの黄ばみの正体は
人間から分泌される皮脂と呼ばれるアブラなのです。

[ad] 


この皮脂ちゃん!
肌や髪に潤いを与えるので、乾燥するのを防いでくれます。つまり、体にとって皮脂はなくてはならない存在なのです。

しかし・・・
この皮脂を放置しておくと、酸素と結びついて悪さをしてしまいます。(脱毛の原因になったり、保湿力が低下して痒くなったりします)


やはり、衿にある皮脂ちゃんも、
それを放置しておくと酸素と結びつき、汚れが取りにくくなるのです。
「衿が黄色い状態」 = 「酸素が結びついた状態(酸化)」

そこで登場するのがチョークです!
衿の黄ばみにチョークで擦りつけ5分ほど放置します。

その後、普通に洗濯をすれば、皮脂が綺麗に取り除けます。

チョークに含まれている炭酸カルシウムには研磨作用があり、消しゴムや歯磨き粉(歯の黄ばみを落としてくれます)・化粧品などにも利用されています。

つまり、チョークの効用を利用して黄ばみを落とそう!という考えです。自宅にチョークがある方は是非ともお試しくださいね☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました