健康福祉

性行為で肝臓がんに?肝がんと肝細胞がんの違いとは?

この記事は約3分で読めます。

 

ミュージシャンの池田貴族さんが36歳の若さでこの世を去りました。肝細胞がんだったそうです。

ところで、肝がんの原因って何だろう?
また、肝がんと肝細胞がんの違いってなんだろう?という事で簡単に調べてみました。

肝がんは大きく分けて二つに分類する事ができます。

”原発性肝がん” = 肝臓で発生したがん細胞(9割)
”転移性肝がん” = 他の臓器のがん細胞が肝臓に転移(1割)

ここでのポイントは原発性肝がんについてです。

肝細胞がんは、肝臓にがん細胞が発生するので、原発性肝がんに分類されています。

肝細胞がん = 原発性肝がん

実は、原発性肝がんの90%~95%が肝細胞がんにあたるので、肝がんといえば、肝細胞がんを指しています。

つまり、肝がんは肝臓にできる腫瘍の総称ですが、その多くが肝細胞がんですので、これを肝がんと呼ぶ事もあるようです。

ちなみに、原発性肝がんの残りの5%~10%は胆管細胞がんです。

では、肝臓がんの原因って何だろう?

がんといえば、「肺がん」・「胃がん」・「大腸がん」、などを思い浮かびますが、これらのがんは、生活習慣(食事・たばこ・お酒)と大きな関わりがあるようです。

しかし、肝がんに至っては、
その原因の9割ほどが肝炎によるものだとされています。

 

スポンサーリンク

 

肝炎とは肝臓が炎症している総称で、主にウイルス性によるものが多いようです。 このウイルス! 「A型」~「G型」 および、「TT型」の8種類のものが存在し、がんに発展するのが「B型」と「C型」になっています。

B型肝炎(日本の場合)
B型肝炎保有者は、130万人 ~ 150万人ほど存在し、そのうちの9割ほどが無症状となっています。 しかし、残りの1割が肝炎を発症させ、肝硬変や肝がんに発展させてしまいます。

B型肝炎は母子感染に留まらず、輸血、臓器移植、刺青、ピアス ←(消毒をしていない針) などでも感染します。特に若者を中心に増えているのが、性行為による感染です。

C型肝炎もB型同様、血液や体液による感染となります。
性行為や母子感染もありますが、B型ほど感染力が低いようです。

いずれにしても、予防策としてコンドームが有効ですので、HIV対策同様、性行為に関してはその活用が大切になってきます。 また、夫婦間における感染もありますので、予防のためのワクチンを接種するのが望ましいようです。(効果は数年~10年程度です)

性行為が原因で肝炎になり、これが肝臓がんに発展する事もあるのですね。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報145へ ポリオが麻痺を引き起こす!小児麻痺とは何ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました