発達障害

サヴァン症候群!驚異的な能力を発揮できるのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

 

前回、サヴァン症候群とは何ですか?についてレポートを書きました。自閉症などの発達障害があるものの、ある分野に対して驚異的な能力が備わっている症状です。

一桁の足し算すらできないのに、円周率を20000桁以上覚えている人。楽譜が読めないのに、メロディを聴いただけでピアノを弾けてしまう人。

などがこれにあたります。

どうして、こんな能力が備わってしまったのでしょうか?残念ながら、サヴァン症候群の原因は未だに解明されていません。

一説によると、脳機能の一部に障害があり、その部分を補おうとするために、脳の性質が変形してしまったのではないか? とする説。

また、自閉症の特徴である認知障害が発展したのではないか? ← このように考える説も存在します。

認知とは、「理解する」 という意味です。

五感で得た情報は脳に伝わります → これを脳で加工し、それを処理する一連の流れが発生します。 認知障害とは、この一連の流れになんらかの障害が存在し、理解力の差異が発生してしまう障害です。

この認知が他者と異なる事により、
特殊な能力が備わっているのではないか? このように唱える専門家も存在します。

現在、サヴァン症候群を研究している人もいるようで、様々な事実が判明しています。

例えば、レインマンのモデルとなったム・ピークさん。彼の脳を研究すると、面白い事がわかりました。

人間の脳は必要のないものをふるい落とす性質があるようです。
しかし、キム・ピークさんの脳はふるい落とすフィルターが存在していないために、抵抗なく覚えてしまうそうです。

スポンサーリンク

また、ヘリコプターに一回乗っただけで、その町の風景を立体的に表現した天才少年。やはり、彼も経験や先入観という概念が存在しないために、成し得る技だとされています。

テンプル・グランデンさんは、動物の気持ちが理解できる女性です。 しかし、人間の言葉を覚えるのに時間がかかったそうで、フィルターが存在しないために、動物の思いを理解できたものと考えられます。

ちなみに、彼女は自分の能力を活かし、非虐待的な家畜施設の設計者として活躍しています。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています

コメント

タイトルとURLをコピーしました