雑学

飲み屋のツケは1年で時効です!

この記事は約2分で読めます。

「ママ~♪ お金がないのでつけといて~☆」
このツケ制度!実は一年を経過すると時効を迎えてしまい、チャラになってしまうのです。

第174条 次に掲げる債権は、一年間行使しないときは、消滅する

(四) 旅館、料理店、飲食店、貸席又は娯楽場の宿泊料、飲食料、席料、入場料、消費物の代価又は立替金に係る債権

しかし、注目してもらいたいのは → 「次に掲げる債権は一年間行使しないときは消滅する」という文言です。

[ad] 

つまり、(お金を払って!)と催促し、相手がツケの認識(もう少し待って・・・)という言葉が出てくれば、時効が延びる事になるのです。

また、相手が応じてくれない時は、時効になる前に少額訴訟を起こすのも手かと思います。60万円以下のお金を請求する場合に限り認められている制度です。その日のうちに判決が下るのが特徴です。

さらに、一筆書いてもらえば時効は五年に延びるそうです。

さらにさらに、「つけが残っているから払って下さいね」という文章を内容証明で送れば、時効を六ヶ月間延ばす事ができます(一回のみ有効)

内容証明とは、郵送する文章の内容を、郵便局が控えておくサービスです。どのような内容の文章を送ったのか? いざという時に郵便局が証明してくれるというわけです。

時効が成立しても諦める事はありません。
「1000円でもいいので払ってください」と請求し、実際に支払われた瞬間から、ツケは復活するのです(ノ゚ー゚)ノ

民法って面白いですよね(笑)

サラ金から借りたお金が時効になったとしても、安易にお金を渡さないでくださいね♪せっかく時効になったものが・・・・ 復活してしまいますからね

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました