視覚障害

妊婦が性病!赤ちゃんの視覚に障害が?

この記事は約2分で読めます。

 

妊婦さんの性病検査を調べてみると、産婦人科によっては一回しか行わないケース。初期と後期の二回行うケースなど様々でした。

しかし、検査をした後に性病にかかってしまったら・・・(`ε´)
もし、妊婦さんが性病に感染していたら、胎児に影響を与えてしまうのでしょうか?

最も危険な症状の一つに結膜炎があげられます。
赤ちゃんが産道を通る時、性病の元となっているクラミジア(微生物)や、淋病(性病)の元になっている淋菌が感染し、赤ちゃんの目を攻撃してしまう事があるのです。

ここで気を付けなければいけないのは赤ちゃんの目の状態です。

淋菌に感染していたら、生後1日~3日に、
クラミジアでしたら、生後一週間ぐらいに目の充血や目ヤニが出てきます。

「赤ちゃんの目は、もともと充血しているもんだ!」
と、気に留めないで放置していると・・・ 角膜にアナがあいてしまい、視力の低下や失明してしまう事もあるのです。

目がおかしいと思ったら、すぐに治療をしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

クラミジアや淋病は投薬治療で完治すれば赤ちゃんに感染しないとされています。赤ちゃんに影響を及ぼさないためにも、性病の感染には十分お気を付けくださいませm(__)m

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報134へ 片目を失明!障害者手帳は発行されますか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました