雑学

マジ!という単語は江戸時代からあった

この記事は約1分で読めます。

 

「マジうけるんですけど ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャ 」

といった若者言葉をよく耳にします。
このマジという単語!いつから使われていたのでしょうか?

実は江戸時代から使われていたのです!

[ad]

マジというのは真面目を略したいい方です。
マジメのマとは「まじろぐ」からきています。 まじろぐとは瞬き(まばたき)をするという意味です。

マジメのメは「目」を意味しています。

緊張しながら聞いている時、
瞬きをしながら一生懸命知ろうとしている事から「マジメ」という単語が出来たそうです。

1810年頃、鶴屋南北作「当穐八幡祭」(できあき やわたまつり)という歌舞伎が行われていました。そのセリフにはこのような文言がありました。

「ほんに男猫も抱いて見ぬ、まじな心を知りながら・・・」

おお!確かに「マジ」がマジで使われている♪
現代に至っては、1980年代以降に「マジで~」や「マジ○○○○だよね」といった使い方が復活して?今日に至るとされています

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました