雑学

救急車を呼んだのに消防車が!いったい何故?

この記事は約2分で読めます。



あれれ?
救急車を呼んだのに消防車が来てしまったよ(||| ̄▽)/
火事でもないのに消防車がサイレンを鳴らしてきたよ(≧∵≦)

救急車のサイレントと消防車のサイレン!
同時に鳴り響いている光景を見たことはありませんか?

昔はそんなことがなかったのに・・・??
消防車と救急車が出動することを「PA連携」といいます。

「PA」とはポンプ車(Pumper)と救急車(Ambulance)の頭文字をとって名付けられた単語です。

[ad] 

緊急を要する119番通報の場合、
救急車よりも消防車が早く現場に着く事がわかると、PA提携が発動されます。また、救急隊だけでは困難な場合、消防車が現場に向かう事もあるようです。

よって、消防車には救命に必要な道具(AEDなど)が積まれており、救命措置ができる人を一人以上搭乗することになっているのです。

意識不明の重傷者がいたとしても、消防隊により迅速に対応できるようになっているのですね^^v

PA提携により短時間で蘇生処置を行うことができ、救命率が上昇される事が期待されています。(ちなみに東京消防庁では平成12年からPA提携を開始しました)

消防車が来ても驚かないでくださいね(*´∇`*)

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました