雑学

秋なのに、小春日和というのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

小春日和を辞書で調べると、
「初冬のいかにも小春らしい穏やかで暖かい日和」と書いてありました。

つまり、11月頃の穏やかな陽気を小春日和というのです。

[ad] 

あれれ?やっぱり疑問に思いますよね(^^)?
11月なのに、どうして小春という単語が使われているの~?

今でこそ、地球が太陽の周りを一周するのにかかる日数(365日) → 太陽暦を使用していますが、1872年(明治五年)までは太陰太陽暦(太陰暦)を採用していました。

太陰太陽暦とは・・・
月が地球を一周する日数は29.53日です。 そして、12回まわった時にかかる日数は354日です。 しかし、太陽暦では太陽の周りを一周するのに365日かかりますので、11日たりません。

そこで、足りない11日を19年に7回の閏月を設けて補う事にしたのです。(かなり複雑ですよね・・・)

実はこの太陰太陽暦では10月の事を小春と呼ばれていたそうです。
そして、太陰太陽暦の10月は太陽暦の11月にあたります。この時期、春のように暖かな陽気が続くことから、小春と呼ばれるようになりました。

この名残が現在でも続いているのですね☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました