雑学

ほくろの中身ってなんですか?

この記事は約2分で読めます。

あのホクロの正体はメラニン色素が多く含まれる細胞でした。
メラニンとは色素(色のもとになるもの)の事です。 たとえば、紫外線にあたると皮膚が黒くなりますが、メラニンが紫外線から体を守っているのです。

髪の毛が黒いのもメラニンによるもので、白髪が多くなる原因はメラニン不足だと考えられています。

このメラニンちゃんが大量に増殖したものがほくろだったのです。

[ad] 

ほくろができるのは何故だろう?
紫外線を受けると、メラノサイトという細胞が活発化しメラニンが作られます。つまり、メラノサイトはメラニンの製造工場となっています。

メラニンを一生懸命作っている時、同時に細胞も破壊されてしまい、これがホクロの原因になっているとされています。

ほくろには良性のものと悪性のものが存在します。
ほくろが急に大きくなったり、形が変わった時は要注意!

悪性のほくろには、体の様々な場所をムシバム(転移する)要素が含まれており、場合によっては死に至ります。

また、ほくろをいじったり傷つけたりすると、良性のほくろも悪性に変化しますので、あまりいじらないほうがよろしいかと思います。

ちなみに、「シミ」と「ほくろ」の成分は一緒でした。
メラノサイトを活性化させないことこそが、「シミ」や「ホクロ」対策につながってくるものと考えられていますm(_ _)m

 

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました