雑学

不思議の国のアリス症候群って何ですか?

この記事は約2分で読めます。

1856年、ルイスキャロルが発表した児童文学に ”不思議の国のアリス” という本があります。

はい(。・∀・)ノ゛
薬を使って、アリスが大きくなったり小さくなったりするお話しです♪

この話にちなんでつけられたのが、
「不思議の国のアリス症候群」 なるものです。

どういう症状なの~?

なんと!
物が大きく見えたり、小さく見えたりする症状が現れるのです。

また、自分自身の体が大きくなったように感じたり、逆に小さくなったように感じたりします。

さらに、遠くにあるものが手の届く距離にあるように見えたり、その逆があったりと、目に障害があるわけでもないのに、これらの現象が出てしまいます。

[ad] 

原因は判っていません。
しかし、偏頭痛を抱える人に多く見られる傾向にあるようです。 また、ウイルスに感染した人や、統合失調症などの患者さんなどにも見られます。

この症状は子供が一時的に発症するケースが多いようです。

というのも、ほどんどの子供が感染する、エプスタイン・バールというウイルスが中枢神経系の炎症を引き起こしてしまい、このウイルスなどが感覚を混乱させているのではないか? ともいわれています。

お子様が、「大きく見える」・「小さく見える」 などと訴えましたら、不思議の国のアリス症候群を疑ってみてください。

一過性のケースが多いようです。

実は原作者である、ルイス・キャロルも偏頭痛をもっており、モノが小さく見えたり大きく見えたりする体験から、不思議の国のアリスを執筆したと伝えられています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました