雑学

コーヒー牛乳という言葉!最近、聞かなくなった理由

この記事は約1分で読めます。

最近、コーヒー牛乳という名前を聞きません。
コーヒー牛乳を見かけなくなったのはなぜか?

それは、コーヒー牛乳やフルーツ牛乳という名前を使ってはいけなくなったからです。

[ad] 

2000年に起きた雪印集団食中毒事件が影響しています。

戦後最大の集団食中毒事件を引き起こした雪印。
牛乳表記に対する規制が強化され、2003年から生乳100パーセントの牛乳にしか ”牛乳” という文字が使えなくなったのです。(牛乳しか牛乳と呼ぶ事ができなりました。)

コーヒー牛乳という名前を使用できなくなった会社は、牛乳という意味を表すフランス語「レ」 ・ イタリア語の「ラテ」を商品名に使うことで対応しているのです。

つまり、コーヒー牛乳を別の呼び方、「カフェオレ ・ カフェラテ」 で対応したというわけです。

ただし、一定の条件を満たせば・・・・
生乳100パーセントでなくても「ミルク」という表示を使ってもいい事になっています。つまり、コーヒーミルクという表示はOKなのです^^v

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました