雑学

Yahoo!(ヤフー)名前の由来

この記事は約2分で読めます。


1994年、二人の若者がアメリカ合衆国で会社を設立させました。会社を作ったのは、台湾出身のジェリー・ヤンと、 アメリカ人のデビッド・ファイロです。

ちなみにこの二人、日本の相撲に興味があるようで、ヤンさんの高性能なコンピューターの名前を「akebono」 ファイロさんのコンピューターを「konishiki」と名づけていました。

Yahooの名前の由来は、
1726年に出版されたガリバー旅行記からきています。

このガリバー旅行記で最後にたどり着いた場所こそがが馬の国でした。このお話は馬と人間が逆転した世界を描いており、ヤフーとは野蛮で汚らしい生物(人間に似たおろかな生き物)をいいます。

創業者
「ガリバー旅行記に出てくるヤフーって俺たちと似てるよね?ならず者(ヤフー)と重なるので、会社名はYahooでいいんじゃね?」

という事で、会社名をYahoo!にしたそうです。

追記
このYahooにいち早く目をつける人物が現われます。
ソフトバンクの孫正義さんです。

yahoo!を設立した頃、孫さんは「これからはネットの時代が必ず来る!」と判断し、Yahoo株に出資(35パーセント)するのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました