雑学

湯船!船という字が入っているのは何故?

この記事は約1分で読めます。

母 「ちゃんと湯船に浸かりなさいよ~!」

湯船を辞書で調べてみると、
「入浴用のお湯を入れ、人がその中に入る大きな箱または桶」
と書いてありました。

当たり前のように使われている湯船という言葉。
しかし、漢字を良く見ると「船」という単語が気になります。

[ad] 

いったい何故だろう~~?

実は江戸時代!
船で銭湯屋さんを営んでいた人がいたのです。

もちろん、地上で普通の銭湯を営んでいる方もいましたが、船は普通の銭湯よりもおよそ半額で入ることができたそうです。

川の水を使っていたので水代がかからないためです。
銭湯がない地域も存在しましたので、船を使って移動ができ、とても役に立っていたそうです。

湯をはった船。
だから湯船というのですね!

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました