雑学

指輪!はめる位置には意味がある?

この記事は約2分で読めます。

 

指輪をはめる位置には意味がある!
昔から魔よけやお守りとしてとして用いられており、「指輪をはめる位置によりその効果は違うんだ!」と伝えられているようです。

そもそも指輪はエジプト文明(紀元前3000年前後)からあったとされており、お墓に指輪が発見された事がわかっています。

スポンサーリンク

当時は魔法が信じられていた時代でもあり、魔法使いの道具の一つとして指輪があったとされています。(指輪は階級を表す道具としても存在し、多目的に用いられておりました)

例えば、結婚指輪や婚約指輪は左手の薬指にはめますよね♪ 左手の薬指には、「愛の力」という意味があるようです。

大昔、「左手の薬指の血管が心臓につなが っている」と考えられていた事から、「心( ハート)に最も近い指」とされており、絆を深める力などもあるとされています。

結婚指輪はほん一例!
指輪をはめる位置により、様々な効果(気休め^^?)があるようです。

両手親指 → 信念を貫く。自信を持ちたい時。
右手人差し指 → 夢を実現させたいとき、前向きになりたい時。
右手中指 → 直感、霊感を表す。恋人募集中(!!!)
右手薬指 → 創造性インスピレーションを刺激する、心の安定
右手小指 → 表現力を豊かにする、自己アピール

左手人差し指→精神力を高める
左手中指→インスピレーションが沸く
左手薬指→愛の力☆
左手小指→願いをかなえたい時、変化とチャンスの象徴

などです☆
指輪をするときは、参考にしてみてくださいね!

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました