雑学

テレビCM!日本初のスポンサー企業は?

この記事は約2分で読めます。



CMとはコマーシャルメッセージの略です。
民放のテレビはスポンサーから広告料金をもらい、そのお金で番組を制作しています。

1953年8月28日、日本テレビが本放送を開始します。

この日本テレビの社長だった正力松太郎は、スポンサー企業を集めるために、必死になって探し回っていたのです。 スポンサーが見つからなければ番組が作れないからです。

[ad] 

しかし、放送開始時のテレビの受信契約台数が約3600台しかありませんでしたので、スポンサーのメリットがなく、厳しい状況が続いていたのです。

そこで、正力さんは考えます。
「人が集まる大きな街に大きなテレビを置くことにしよう。 そうすれば、皆に見てもらう事ができるではないかヾ(@゚▽゚@)ノ」

21インチと27インチの大きさのテレビを、
浅草や新橋・品川などに設置することにしたのです。

その数!!なんと220台です。
正力さんの思惑が見事に当たり、翌日の野球中継「巨人VS阪神」戦では、大勢の人々がテレビに群がり始めました。

日本初のテレビCMスポンサー企業は「精工舎」(現在のセイコー」です。放送日は日本テレビ開局日の1953年8月28日でした。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました