雑学

生類憐みの令!綱吉を激怒させた生き物とは

この記事は約2分で読めます。



徳川五代将軍の綱吉さん。
生類憐みの令を制定し、人々の生活を苦しめた人物だとされています。

この法律!
生き物全般を大切にし絶対に殺してはいけませんよ(○`ε´○)!

というものでしたが、
唯一、綱吉が島流しを命じた生き物が存在しました。

[ad] 

それは・・・・・
綱吉の頭に糞をかけてしまったカラスです。

綱吉が散歩をしていると、
「カァ~! カァ~!」 といいながら、白いものを落とすではありませんか・・・。 「…なんじゃこれは?」と頭をぬぐった綱吉さん。

なんと、カラスの糞ではありませんか(><)

綱吉
「将軍の頭に糞をするとは何事じゃ!! すぐに捕らえよ!! 死罪じゃ!! キェ~~~(о`э´о)」

付き人
「殿! お言葉を返すようですが、すでに生類憐みの令が施行されておりまして・・・ 殿自身が法律を破ることになってしまいます。」

綱吉
「・・・・・・・・・・・・・・・」

綱吉さんが生き物を殺してしまうわけにはいきません。

そこで、そのカラスを捕まえて島流しにしたわけです。役人がカラスを籠に入れ、島まで連れていき解放しました( ̄ー ̄;

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました