雑学

天然ボケ!実は欽ちゃんが作った言葉だった

この記事は約2分で読めます。

 

天然ボケとは、独自の思考や時間の流れを持った人を指すようです。

知識や経験不足による周囲とのずれ!または、そんな行動をとってしまう人ですが、中にはとてつもなく頭のいい人も含まれているから不思議です。

さてさて、そんな天然ボケですが・・・
いつから使われるようになったのでしょうか?

時は1980年代、
萩本欽一さんが司会を務める番組に、明石家さんまさんの運転手を務めていたジミー大西さんが出演しました。

この時、欽ちゃんは大西さんに対し、ある思いを抱くのです!
「こいつは才能がある! いや・・・ そんなもんじゃない。彼は天才だ!」

番組終了後、欽ちゃんは大西さんを楽屋に呼ぶのですが、計算してボケているのではなく、本気でボケている事を知りガッカリするのです。

スポンサーリンク

欽ちゃん、「大西君は天然にボケてる人だったよ・・・」
と周囲に漏らしたことがきっかけとなり、天然ボケが誕生したとされています。

個性を受け入れられる芸能界(*>▽<*)
一般社会も、個性を受け入れられればいいのになぁ(^-^)

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました