雑学

たくあん!名前の由来

この記事は約1分で読めます。

たくあんという不思議なネーミング!一体誰が考えたのでしょうか?

沢庵漬けとは大根を塩などで漬けた食べ物です。
江戸時代、沢庵和尚(たくあんおしょう)が創った東海寺に徳川家光が訪れました。この時、まだ名前がつけていなかった漬け物(たくあん)を家光に食べてもらったそうです。

[ad] 

家光
「うまい!この食べ物はなんというのだ!?」

沢庵和尚
「実はまだ名前が決まっていないのです・・・」

すると家光
「ならば和尚!お主の名前をつけたらどうか? 今日から沢庵漬けと呼ぶべし!」

つまり沢庵和尚の名前からとったのではないか?という説が有力となっています。そういえば、小松菜の名前も吉宗が関係していましたよね。 → 小松菜の名前の由来  結構適当なんですね

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました