人物福祉 視覚障害

目が見えなくても弁護士に?竹下義樹さんとは?

この記事は約1分で読めます。

 

1975年、衆議院の予算委員会で稲葉修(時の法務大臣)にその気持ちを訴え、点字で司法試験を受けられるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

受験資格を勝ち取るまでに費やした時間はおよそ2年。そして、9回目の受験(30歳)で見事に合格を果たします。(1981年10月)

竹下さんが偉業を成し遂げた後、数名ほど全盲の弁護士が誕生しています。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています

コメント

タイトルとURLをコピーしました