雑学

支払った借金の利息!返ってくることもある

この記事は約2分で読めます。

毎月の借金の返済・・・ かなり辛いです(TT)

払っても払っても借金の残額が減らないではないか・・・

金利が29パーセントなんて酷いよナァ~

そして数年後・・・

フ~!やっと借金を返し終わったよ。

 

アッ!その借金☆

もしかしたら戻ってくるかもしれませんよ☆

スポンサーリンク

金利には法律で上限が設けられています。

しかし、金利に関する上限は二つの法律で規定されていたのです。

一つは、利息制限法で上限は20パーセントです。(借りた金額により上限金利が異なります。ちなみに100万円以上借りると、金利の上限は15パーセントになります)

もう一つは、出資法で上限は29.2パーセント です。

この、20パーセントから29.2パーセントの範囲をグレイゾーンと呼ばれており、今まで国会などで議論されてこなかったのです。その為、消費者金融はこのグレーゾーンの金利を適用し、お客さんにお金を貸していたケースが多々あったのです。

2006年ごろからグレーゾーン問題が国会で取り上げられ、ついに貸金業法が改正されたのです。(2007年施行)

改正前の法律では、一定の用件を満たせば、利息制限法の金利を越えてもOKです!という内容が記載されていました。しかし、2006年1月に最高裁判所は「グレーゾーン金利の過払い金を返還しなさい」という判決が下ったので大変なことになりました。

今まで払いすぎていた金利を取り戻そうと、消費者金融に返還の請求が殺到したのです。また、貸金業法の改正の際、この判例を盛り込んだ内容となったのです。

「オイラ・・・ 29パーセントの金利を取られていたから、暇なときに請求してみよっと^0^」

そんな悠長な・・・

消費者金融の株価をご覧ください。

どの会社も貸金業法の改正で株価が大暴落してしまいました。そして、会社が潰れてしまったら、返金されない可能性が高いのです。素早く対応されたほうがよろしいかと思いますよ☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました