雑学

セーター!実は減量目的のために考案

この記事は約1分で読めます。

セーターの歴史を調べてみると、
元々、寒さ対策として作られたものではなく、減量を目的として作られたものだったのです!

[ad] 

セーターを英語で表すと、「sweater」となります!
つまり、汗を表す「Sweat」からとった単語なのです。

1891年、アメリカのフットボール選手が、「汗を大量にかきたい!」という理由で、毛糸で編まれたものをユニフォームとして身に着けたのが最初だそうです。

すると!
次第にセーターは他のスポーツ選手も使うようになり、気が付けば、寒さ対策として着られるようになったのです。

それ以前にも、セーターのようなものは存在していましたが、セーターというネーミングが人々に知れ渡ったのは、この頃からだとされています

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました