雑学

選挙の投票用紙!普通の紙と少し違う!

この記事は約2分で読めます。

実は選挙の投票用紙は普通の紙と違うのです。折り目をつけても、1秒後には元に戻る(早っ!) そんな優れた紙を使っていたのです。

「ユポ」という特殊な紙で作られているのです。

主な材料はポリプロピレンというプラスチックを使っているので、とても丈夫な紙なのです!(ポリプロピレンは四大プラスチックの一つに数えられています)

[ad] 

つまり、紙ではなくフィルムといったほうが正しいのかもしれません。

主原料がプラスチックなので、「水に濡れても破れない」・「長い間放っておいてもボロボロにならない」・「湿らない」 などの特徴があります。

その為、選挙用のポスターなどにも利用されています。

また、選挙用紙の表面には特殊な加工を施しているので、鉛筆で自由に文字などを書くことができるのです。印刷もできるので、「地図」や「つり革広告」・「宅配便の包装紙」などにも利用されています。

昔の投票用紙は上質紙を使っていました。
しかし、上質紙は普通の紙ですので、折り目が付くと戻りません。その為、開票するときにいちいち開かなければならず、かなり時間がかかっていたのです。

ユポにしてから開票時間が早くなりました♪

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました