雑学

サンタさん!服が赤いのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。

実は、1931年頃からサンタさんの服が赤くなったのだそうです。

それまでのサンタさんは?というと、
「青」・「白」・「紫」などの服を着ていたそうで、
特に色が統一されているわけではありませんでした。

疑問に思いますよね^^?
1931年頃から赤い服に統一されたのは何故だろう?

服が赤になったのは、
ある大企業がサンタクロースを広告塔に利用したからです。

その企業とは・・・・
コカコーラです。

当時、コカコーラは子供や女性に人気がありませんでした。何故ならば、コーラの中にコカインが入っていたためです!

「コカコーラのイメージを何とか払拭したい!」
「何か良い方法はないだろうか?」

そこで、冬のキャンペーンに利用したキャラクターこそが、
サンタクロースだったのです!

スポンサーリンク

コカコーラのイメージカラーは赤です!
この赤をサンタさんの服にし、世界的にキャンペーンを行ったのがきっかけで、赤い服が世界中で定着していく事になるのです。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました