雑学

サッカーボール!白と黒だったのは何故?

この記事は約2分で読めます。



今でこそおしゃれなサッカーボール☆
しかし、昔のボールは白と黒が主流でした。

派手な方が見やすいのに、
どうしてサッカーボールは白と黒だったのでしょうか?

サッカーボールの色が「白」と「黒」になる前(1960年代まで)は、「白一色」あるいは「茶色一色」だったそうです。

1966年のワールドカップでは茶色のボールが使われていました。

[ad] 

しかし、サッカーの練習場は土のグラウンドでしたので、茶色一色のサッカーボールだと、とても見づらかったのです。

逆に、白一色だと、プレーする人にとっては見やすいのですが、1960年代のテレビはモノクロでしたので、視聴者がボールを判断するのに一苦労していました。

そこで、”モルテン” という会社が、
「ハンドボールで使用しているボールがあるか、この白と黒のデザインをサッカーボールに応用すればいいのではないか?」と考えたのです。

結果
プレーをする人や、モノクロテレビで見る人がボールを認識しやすくなり、このボールのデザインが世界中に広がっていったのだそうです。

1970年のワールドカップから「白」と「黒」のボール(アディダスのテルスター)が使われるようになりました

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました