雑学

楽天の本拠地でサントリーのお酒が販売されなかった理由とは?

この記事は約2分で読めます。

楽天の本拠地がある宮城球場!(Kスタ宮城)
実は楽天がプロ野球に参入した2005年のシーズンで、サントリーのお酒だけ販売されていなかったのです。

何故ならば・・・

過去にサントリーの会長だった佐治敬三さんが東北の人に対して、バカにする発言をしたからだとされています。

1988年、TBSの番組で佐治さんは
「仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、東北は熊襲(くまそ)の産地。文化的程度も極めて低い」と発言したそうです。

熊襲とは反朝廷派を表す言葉です。

[ad] 

プライドを傷つけられた東北の人たち!
その一部の人たちが不買運動を展開し、酒屋さんなどがサントリーの商品を扱わなくなりました。

この名残が現在でも続き、
東北では現在にいたってもサントリー製品の売れ行きがあまり良くないといわれています。

このイメージを回復させようと、
サントリーは宮城球場での販売権の取得を目指したのですが、予想以上に高かったために断念する事となるのです。

「高いお金を出して宮城球場の販売権を取得しても、宮城ではお酒は売れないので利益を出せないだろう。コストパフォーマンスが悪いので、宮城球場では諦めよう」というのが理由だとか。

2005年、宮城球場でお酒を販売したのは、「アサヒ」・「キリン」・「サッポロ」の三社でした。

更新日現在、
サントリーはプレミアム・モルツの販売を行っています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました