雑学

ボクシング!パンチをする時に「シュッ」というのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

後楽園ホールでボクシングを観戦していると、
ボクサーがパンチ時に、「シュッ シュッ」という音を耳にしました。

空気を裂いた音なのか?と思いきや、どうやら違うようです。
いったい、どういう理由で 「シュッ」 と発しているのでしょうか?

[ad] 

テニスの場合、
サーブをする時「ウォーーーーー!」と叫ぶ時がありますよね。

実は一瞬で最大の力を出すために声を出しているのです。

人間は自分の力を100パーセント出せない仕組みになっています。100パーセントの力が出てしまうと、筋肉が壊れてしまう恐れがあるためです。つまり自己防衛により、自分の力を無意識のうちに抑えているのです。

しかし・・・
この自己防衛機能を外す方法があるのです☆

そうなんです☆声を出すと外れるのです。

リスクを伴いますが、リミッターを外す事により自分の力を100パーセントに近い状態を出す事ができるのです。ボクシングもこのような理由で声を出していたのですね。

ボクシングの場合、もう一つ理由が存在します。

「シュッ シュッ」と発することで腹筋に力が入ります。
パンチが空振りしてしまい、相手がボディーを打たれても、腹筋に力が入っているのでダメージが少なく済むのです。

しかし、ボクサーによっては
「呼吸が乱れて疲れてしまう」と感じる人もおり、シュッ シュッといわない人もいるようです☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました