雑学

ポッカコーヒー!名前の由来

この記事は約2分で読めます。

ポッカコーヒーのおっちゃん!
なんていうか、ダンディーな感じで親しみがありますよね♪

ポッカコーヒー(缶)が発売されたのは1972年です。
その翌年にはすでにおっちゃんが登場しましたが、特にモデルになった人はいないそうです。

[ad] 

缶を加熱することで中身まで温かくする!
このアイデアは創業者の谷田利景が考案し、電気メーカーのサンデンと共同開発して誕生させました。

1973年には、世界初の「ホット or コールド式の自動販売機」の製造も行いました。

ところで、ポッカコーヒーのポッカってどんな意味があるのだろう?

創業は1957年。
谷田利景さんはレモン飲料の製造販売会社、「ニッカレモン株式会社」を立ち上げます。当時、まだレモンは輸入できない状態でしたので、非常に高価な代物でした。

谷田さんはそこに目を付けるのです。

ところで、ニッカレモンのニッカって何?
谷田さんの会社は酒場も運営しており、資本関係はないものの、ニッカウイスキーと深い取引関係があったそうです。そこで、会社名にニッカという名前を取り入れたのです。

しかし、この酒場は繁盛しすぎた為に、さすがに ”ニッカ” という名前を使い続けるのはまずいだろう?となり、新しい会社名を考えるのです。

そこで、当時流行っていた、”ニッカーボッカーズ” というズボンに目をつけるのです。今でこそ作業着として定着していますが、当時はスポーツウエアとして日本でも流行していました。

「ニッカーボッカーズ! ズボンの名前にニッカが付いているではないか。これは運命的なものを感じる・・・」そこで、ボッカーズを少し変えてポッカにしよう!

1966年、ポッカレモン株式会社に社名変更するのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました