雑学

コンセント!穴の大きさが微妙に違うのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。

コンセントの穴をよ~く見てください。
「あれれ~~ 左穴が微妙に大きくなってるな~!」

それは一体何故でしょう?

家庭用の電気は6600ボルトという桁違いの電圧電流が流れているのです。しかし、変圧器という装置を使い、100ボルトに下げて供給されています。

[ad] 

変圧器が故障してしまったら、
66倍もの電流が一気に流れ込んできてしまいます。(こりゃ危険だ><)

そこで、左側の大きな穴には、高圧電流が流れ込んだ場合に備え、ある工夫がなされているのです。

その工夫とはアース線です。
アース線とは、高い電圧の電流が流れた時に地面に逃がす役割があります。

左側を大きくすることにより、このコンセントにはちゃんとアース線がついていますよ~☆ とのメッセージが込められているのです。

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました