雑学

腹減った・・・ お腹がなるのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

お腹がすくと、「グーッ」 となってしまいますよね^^
非常に恥ずかしいです(* ̄▽ ̄*)~

今回の雑学は、
お腹が空くと ”グ~” と鳴るのは何故だろう?について調べてみました。

血液中の糖分が少なくなると、

頭の中
「ムムム 血液中に糖分が少なくなってしまったぞ!(涙) エネルギーが足りないので空腹感を与えよう。 今すぐ食べるように仕向けねば・・・ お腹君!胃の中のものを十二指腸に移動させてくれ」

お腹君
「ラジャ~(了解)でございます」

胃の中は、いつでも食べ物が入ってきてもいい状態にするために、食べ物を十二指腸(胃につながっている小腸の最初の部分)に送り込むのです。

お腹の中はまさに「バッチコ~~イ状態(笑)」
実はその時! 大量の空気が移動するためにお腹がなるのです。

おならで例えるならば・・・
おならが狭いスペースを通る時、音が出る事を想像すればわかりやすい(恥かち~)

理論上、チョコレートなど糖分の高い食べ物をチョコっと食べると、
血液中に含まれる糖分が回復するので、胃の中の食べ物を十二指腸に移動する時間を遅らせる事が可能だと思います

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました