雑学

「おかゆ」 と 「雑炊」 の違いとは?

この記事は約2分で読めます。



うううぅぅぅぅ~  体調を崩してしまったよ(*´Д`)ノ
今日はおかゆにしようかなぁ♪

炊飯器からお米を取り出し、お水を加えてコトコト煮込む。 美味しいおかゆの出来上がり~♪ って・・・ ええ??? これって ”おかゆ” じゃないんですか?

「おかゆ」と「雑炊」って同じものだと思っていましたが、どうやら違うようです。一体何が違うのでしょうか?

[ad] 

根本的な違いは

〇おかゆ
お米を炊くとき、お釜にお水を多く入れたもの。

全がゆ  =米1に対し、水5  の割合で炊いたもの
七分がゆ=米1に対し、水7 の割合で炊いたもの
五分がゆ=米1に対し、水10の割合で炊いたもの
三分がゆ=米1に対し、水15の割合で炊いたもの

〇雑炊
炊き上がったご飯に、「お水」・「野菜」・「肉」・「調味料」などを入れたものをいいます。

元々、雑炊は増水と言われていました。ご飯にお水を入れる事で、その量を増やしていました。 次第に野菜や調味料などを加える事により、増水から雑炊へと変化していったそうです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました