雑学

お酒の後にラーメンが食べたくなる理由

この記事は約1分で読めます。

お酒の後、どういうわけか?ラーメンが食べたくなりますよね☆
これは定番だから食べたくなるのでしょうか?

実はちゃんとした理由があるのです。

アルコールは肝臓で分解されます。
そして分解するのに必要なものこそがブドウ糖です!

[ad] 

人間の体は面白いもので、
血液中に存在するブドウ糖が不足すると、たとえいっぱい食べていたとしても空腹感を与えるのです。

つまりお酒を飲むとブドウ糖が不足し、何かを食べたくなってしまうのです^^ ←これが太る原因です

ビールにはカリウムが含まれています。
「カリウム」や「アルコール」は利尿作用があり、オシッコと一緒にナトリウム(塩)が排出されてしまうのです。

その為、体内で塩分が不足しており、ラーメンのスープなどでそれを補おうとしているのです。

またラーメンのスープに含まれるグルタミンには、アルコールの分解を手伝ってくれる役割があるようです。お酒の後にラーメンが食べたくなる理由はここにあるのですね

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました