雑学

のどの痛み!大根おろしが効果的

この記事は約2分で読めます。

大根おろしに医者いらず

昔の人は大根おろしの様々な効用を理解していたようです。
大根の持つ酵素には、「消化を助ける」・「口内炎や虫歯などの炎症に効く」・「のどの炎症を鎮める」などの作用があるようです。

そもそも、のどの痛みの原因になっている理由の一つが、ウイルスや細菌が粘膜に付着し、これが攻撃する事で起きています。

スポンサーリンク

そこで大根おろしの登場です。
大根をおろした時に出てくる、「アリルイソチオシアネート」(あの辛い成分)は殺菌作用があるようで、細菌やウイルスをやっつけてくれるとされています(o^。^o)

さらにはちみつを加えるのも効果的。

「ハチミツが腐った!」
という話を聞かない理由は強い殺菌効果があるからです。

三千年前のハチミツが全く変質していなかった!そんな記録すら残されているようで、ハチミツの殺菌作用が関係しているとされています。

喉が痛い!
しかし薬は飲みたくない・・・

そんな時は、「大根おろし」+「ハチミツ」をオススメします(^∀^)

ここで
注意しなければいけない事が二つあります。

①酵素は熱に弱いので、大根を加熱すると効果がなくなります。
②アリルイソチオシアネートを大量に摂取すると、中毒症状を起こしてしまいます。

この点を気をつけてくださいね☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました