雑学

脳梗塞!夏場に多いのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

脳梗塞(のうこうそく)とは脳の血管が詰まってしまい、脳の機能が低下してしまう状態をいいます。

血液は酸素や栄養などを運んでいるので、
これらのものが妨げられると、脳が上手く働かなくなってしまうのです。

[ad] 

冬場に多いと思われている脳梗塞!
脳卒中データバンクによると、冬よりも夏に脳梗塞を引き起こすケースが多いのだそうです。

いったい何故だろう?

血液の濃度が正常な状態ですと、「赤血球」・「白血球」・「血小板」はそれぞれ間隔をあけて存在する事になります。

しかし、夏場はいっぱい汗をかきます。

すると、血液中の水分が減少してしまい、濃縮されてしまうので、「赤血球」・「白血球」・「血小板」の間隔が狭くなり、それぞれがぶつかってしまうのです。

血液を固めるのが血小板のお仕事です!

しかし、この血小板が摩擦により反応してしまうので、
血の塊である血栓(けっせん)を作り出してしまうのです。

これが夏場に脳梗塞を引き起こす原因の一つとなっています。

つまり、夏場の水分補給は大切なのです☆
特に寝ている時はいっぱい汗をかきますので、寝る前の水分補給を欠かさないでくださいね(ノ´▽`)ノ

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました