その他福祉

任意後見人と法定後見人の違いとは?

この記事は約1分で読めます。

 

任意後見人は判断能力が乏しくなる前に、本人の意思によって定める後見人です。

一方、法定後見人は本人の判断能力が不十分になった時、家庭裁判所によって選任されるものです。

成年被後見人が不利益な契約を結んでしまった場合、その契約を取り消す権利(取消権)が認められているのは法廷後見人です。

 

スポンサーリンク

 

 

任意後見人は取消権が認められていません。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています

コメント

タイトルとURLをコピーしました