雑学

プロ野球!日本で初めて退場になった選手

この記事は約1分で読めます。

日本で初めて退場になった野球選手とは・・・
大日本東京野球倶楽部(読売ジャイアンツの前身)で活躍した苅田久徳(かりた ひさのり)選手です。

日本で二番目にプロ野球選手として契約を結んだ苅田さんは、非常に頭がいい選手として知られていました。

[ad] 

「苅田は頭で走る」
「苅田の前に苅田なく、苅田の後に苅田なし」

とまで言わしめた選手で、初代盗塁王にも輝いています。

1936年の12月に行われた試合の際、審判のジャッジに激高し、塁審の二出川さんを突き飛ばしてしまった苅田選手。

そのとき、二出川さんは苅田選手に
「無礼者!」と叫んだそうです。

すると、苅田選手は自主退場の道を選び、フィールドから立ち去ったと伝えられています。 そうなんです。審判が退場通告をしたのではなく、自らが球場を後にしたのです。

自分の行為を反省し、ケジメを付けるために退場したものと思われます。悪い行動を素直に認めた苅田選手!

う~ん 見習わなければ(*´О`*)

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました