雑学

無料で出産する方法があった・・・ (苦笑)

この記事は約2分で読めます。

出産は保険がききませんので、莫大な金額になってしまいます。

しかし、健康保険料をしっかり払っていれば、一時金として子供一人につき42万円(2013年6月現在)受け取れる制度となっています。

[ad] 

今日の雑学は出産ネタです♪
実はタダで出産できる方法があるのです (ノ´▽`)ノ

その方法とは・・・
長期クルージング船で出産するのです。

規模の大きな客船には必ず船医が同乗しています。
もし、乗客が病気やケガをした場合、手厚く治療と看護をしてくれるのです。

その治療費は無料だというのですから驚きです@@ (無料といっても高いお金を支払って船に乗っていますからね・・・(笑)

治療の中には出産も含まれますので、予定日を逆算して乗船中に出産をすれば、出産費用はタダになるというわけです\(●▽●)/

世界を旅しながら出産もできる(ノ´▽`)ノ
なんというチャレンジャー♪

実際に、作家の桐島洋子さんはマルセイユから帰国する際、到着直前に船内で次女を出産し、その出産費はタダだったという逸話も残っています。

実際に出産した人がいるんですね

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました