雑学

マラソン!世界一遅い記録は55年だった

この記事は約2分で読めます。

マラソンの世界最速記録を調べてみました(更新日現在)
2011年9月25日に行われたベルリン大会で、ケニアのマカウさんが、2時間3分38秒 で優勝していました。

早いですねぇ~Σヽ(゜Д゜○)ノ
これで世界一早い記録がわかりました。

では、世界一遅い記録はどのぐらいなのでしょうか? これなら僕もチャレンジできそうだ^^v 誰か教えて教えてくださいなぁq(^o^)p

ほほ~~!
それじゃあ挑戦してみてくださいね(p^-^q)

[ad] 

1912年、ストックホルムで行われたオリンピックで金栗四三さん(かなぐり しそう)さんが世界一遅い記録を樹立していました。

その記録は!
54年8ヶ月6日5時間32分20秒です Σ(-`Д´-ノ;)ノ

そ・・・・
そんなに長い時間を走り続けてたのですか?

いえいえ!ずっと走り続けていたわけではありません。栗金さんはレース中に日射病にかかってしまい倒れてしまったのです。

ところが、近くに住んでいる農家の人が、倒れている金栗さんを発見し介抱してあげたのです。

金栗さんが目を覚ました時にはすでにレースは終了しており、そのまま棄権となった・・・・ と思いきや

「レース途中に失踪し行方不明!」 と記録されてしまうのです。

そして、時は流れ~~~

ストックホルムオリンピック開催55周年記念祭を開催するにあたり、1912年のデータを調べていました。

そうなんです♪
金栗さんの行方不明という記録を発見したのです。

実行委員
「もし、金栗さんが生存していたら、記念式典に招待してはどうか?是非、ゴールをさせてあげたいんだ!」

この提案に金栗さんも快く出場!
55年越しのゴールを果たしたというわけです。

金栗さんがゴールを果たした後、オリンピック委員会は叫ぶのです。

「これをもって、ストックホルムオリンピックの全競技日程を終了とする」なんとも感動的なマラソン世界最長記録ではありませんか

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました