雑学

巨人初の背番号1は二出川さんだった!

この記事は約2分で読めます。

背番号「1」=王貞治
というイメージがあるのですが、巨人初の背番号「1」を背負ったのは誰だろう?という事で調べてみると、兵庫県出身の二出川延明(にでがわ のぶあき)選手でした。

二出川さんは現役引退後、
審判として数多くの名言を残した人物として知られています。

「俺がルールブックだ!」
と選手に言い放ったのも二出川さんでした。

[ad] 

「セーフ」
とジャッジした二出川審判に納得がいかなかった監督さん。

「どこにそんなルールがあるんだ!あるならルールブックを見せてくれ!」と詰めよったそうです。

すると、二出川審判は
「俺がルールブックだ!」と言い放ち、抗議を退けたとされています。

別の試合では・・・・
あきらかにストライクなのに、ボールといってしまった二出川審判。

なんとなんと!
「気持ちが入ってないからボールだ!」とおっしゃったそうです(^^)

現在の選手でしたら抗議をする所!
しかし、この時のピッチャーだった皆川睦雄さんは審判の言葉を大切にし、気合を入れてピッチングをするよう心がけたそうです。

すると、所属していたチーム(南海)の主力選手になったというから驚きです。個性も大切ですが、時として素直さも大切なのかもしれませんね♪

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました