その他福祉

高血圧の基準!その数値が下がっていた

この記事は約2分で読めます。

 

今回は皆さんに想像していただきたい福祉情報の紹介です。
いったい、誰が得をするんだろ~(×。×)

健康のバロメーターを確かめる指数に血圧というものがあります。血圧とは心臓にある血液を全体に送るときの圧力です。

心臓は縮んだり拡張したりします。
縮んだ状態の時は、ギュッっと血液が全身に押し出されますので、強い圧力がかかります。これが上の数字です。一方、心臓が縮み終わった時、全身に送る力が弱くなります。これが下の数字となっています。

な・なんとι(`ο´)ノ
1999年から、高血圧の基準が変更になっていたのです。

それ以前までは、上が160から高血圧となっていましたが、基準の変更により上が140mmHg 下が90mmHg を超えると、高血圧の仲間入りになるのです。

また、2004年から、若者~中年にいたっては上が135mmHg 下が85mmHgを超えると、高血圧の仲間入りです(`□´!!) これにより、日本人の約4000万人が高血圧に及ぶとされています。

ここで、皆さんに知っていただきたいのはお薬の存在です。

患者さんの事を心配して治療してくれるお医者さんが多いとは思いますが・・・ 中には、病院の経営を維持する為に、薬を提供するヤブ医者も存在します。何故ならば、固定客になってもらいたいからです。

血圧が140mmHgを少し超えただけなのに、 「血圧が少し高いので、お薬を出しておきましょう~~」 などと言われたならば

「先生がそういうのなら薬を飲むかぁ~」 などと考えず、お医者さんの資質を疑ってくださいね☆ お医者先生に依存してはいけません(`∧´)

この程度の血圧ならば、塩分の取りすぎなど、生活習慣を改めれば問題のないレベルだからです。 また、血圧を測っているときは緊張していますので、少し上がる傾向にあります。

そもそも降圧薬は血圧を抑える役割があるだけであって、血圧を治す薬ではありません。副作用などもありますので、根本的な原因を探し、生活習慣を改善することが大切になってきます。

 

スポンサーリンク

 

「血圧を治すのは、お医者さんではなく自分自身なんだι(`ο´)ノ 」
力強い心構えが大切かと思います。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報82へ 過食嘔吐!指にタコができるのは何故ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました