雑学

紅白歌合戦!どうして大晦日に行っているの?

この記事は約1分で読めます。

 

紅白歌合戦は第三回までお正月に行われていたのです。

紅白の歴史は古く、その前身は1945年に行われた紅白音楽試合にさかのぼります。このラジオ番組を企画した担当者は、「紅白歌合戦」というタイトルで勝負したかったそうです。

しかし、戦後間もないこの時期でしたので、GHQは ”合戦” という単語を禁止にするよう命令を出すのです。

仕方がなく、紅白音楽試合というタイトルで放送されました♪

一回限りの放送でしたが評判がよく
1951年には紅白歌合戦というタイトルで復活!

テレビ放送が開始されたのは1953年(第三回大会)からでした。

Q 何故大晦日になってしまったの~?
A それは運営に支障をきたしかねない状況を招いたからです。

スポンサーリンク

当時、お正月に大規模な会場を確保するのが困難で、スタッフは大変苦労していたそうです。そこで、第四回大会から、催しが比較的少ない12月31日に紅白歌合戦を行えば、会場を確保する事が楽ちんだ~!

そんな経緯で大晦日に行われるようになったのです♪

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました