雑学

吉川晃司!実は毛利元就の子孫だった

この記事は約2分で読めます。

 

広島県出身の吉川晃司さん!
1984年に「モニカ」でデビューをし、後に布袋寅泰さんとユニット。「COMPLEX」で一世を風靡したミュージシャンです。

そんな吉川さん!

実は毛利元就(1497-1581)の血を引き継いでいる人物なのです。 細かくいうと、元就の次男「吉川元春」(きっかわもとはる)の末裔なのだそうです。

[ad] 

吉川元春は毛利元春という名前でした。
元就の正室として迎え入れたのが吉川国経(きっかわくにつね)の娘です。この吉川家をのっとるために送り込まれた人物こそが毛利元春で、後に吉川元春と名乗るようになるのです

吉川晃司さんは、この吉川元春さんの血を受け継いだ事になるのです。

毛利元就といえば三本の矢の話が有名です。
元就は三人の息子に一本の矢を折るように命じるのです。もちろん簡単に折る事ができました。 しかし、3本の矢を折るように命じると、息子達は折る事ができません。

「三兄弟の結束が強ければ強いほど、強い国づくりができんだよ」
どうやら元就は、この事を子供に伝えたかったようです。

2009年に公開された大河ドラマの「天地人」
吉川さんは毛利家と敵対していた織田信長を演じる事になり、親族から異議を唱える人もいたそうです^^

ちなみに、
蜂須賀小六の末裔にあたるのが釈由美子さん
岩倉具視の孫の孫(4代目)にあたるのが加山雄三さん
柳生十兵衞(柳生一族)の子孫にあたるのが柳生博さん

だとされています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました