経済福祉

企業価値がUPした!点字バーガーとは?

この記事は約2分で読めます。

Wimpy Braille Burgers ← youtube

 

企業そのものの社会的責任!
これを明確にすれば、企業ブランドが一気に高まり、お客さんのイメージも良くなります。

そこで、今回はイギリス系企業である、ウィンピー(Wimpy)というハンバーガーチェーンが展開した点字バーガープロジェクトについてご紹介します。

南アフリカに存在するウィンピーでは、
「目の不自由な方でも、安心して食べられますよ~」 と宣伝するために、あるハンバーガーを作りました。

あの欠かす事のできない ”ゴマ” です。
これを点字に見立て、15個のハンバーガーを作るのです。

果たして、この点字の内容とは・・・
「あなたのために作った100%のビーフハンバーガーですよ☆」

このメッセージを感じ取ったお客さんの反応は・・・
皆さん、嬉しそうな笑顔を見せていました(^^)

動画の評判もよく、世界のメディアで紹介されましたので、ウィンピーの企業イメージが高まったことがわかります^^v

 

スポンサーリンク

 

企業イメージと社会的責任。
この二つを結びつける事で、目先には存在しない質の高い利益を生み出す事ができるのではないでしょうか。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報77へ 障害者雇用促進法!どのような理念があるの??

コメント

タイトルとURLをコピーしました