雑学

カーネル・サンダース人形!初めて置かれたのは日本だった

この記事は約1分で読めます。

ケンタッキーといえば店頭に置かれているカーネルサンダースのお人形が有名ですよね♪ 実はカーネル人形を初めて置いたのは日本だったのです。

いえいえ!日本人がカーネルサンダースの人形を作ったわけではありません。カナダのフランチャイズ店で、イベント用として作られたカーネル人形がたまたま倉庫で眠っていたのです。

[ad] 

それを、視察で来ていた日本人が見つけ・・・・

ケンタッキーの日本人社員
「ケンタッキーは赤と白のストライプをベースとしたお店なので、いつも床屋さんと勘違いされている。 このお人形をお店の前の置けば、床屋と間違われる事はないだろう」

そこで、倉庫のお人形を日本に持ち帰ったことから、
カーネル人形がお披露目される事となるのです(1970年代)

ちなみに、あの人形はカーネルが60歳のときをモデルとして等身大に作られています。眼鏡も遠視用の度が入っています☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました