雑学

県民所得の格差ってどのぐらいあるの?

この記事は約2分で読めます。

 

同じ日本でも、景気のいい地域もあれば、景気の悪い地域もありますよね。地域間の格差は広がる一方なのだそうです。

「県民経済計算」という聞きなれない言葉をご存知でしょうか?

「国内総生産(GDP)」や「国内所得」の県バージョン!といえばわかりやすいかと思います。

スポンサーリンク

2009年2月12日に内閣府が県民経済計算を発表しました。それによると、景気が良かった平成18年度の一人当たりの県民所得の

第一位が「東京」で482万円

第二位が「愛知」で350万円

第三位が「静岡」で338万円

でした。

一人当たりの所得が最も低かったのは

「沖縄」で208万円 続いて

「宮崎」で215万円 その次が

「長崎」で215万円でした。

東京と沖縄ではこれだけの開きがあるのですね。この数字の特徴は、所得が高い地域は年々所得が高くなる傾向にあり、所得が低い地域は緩やかに所得が低くなっている点です。

東京では平成8年度の一人当たりの所得が427万円ですが、年とともに増えている傾向にあります。一方、宮崎や長崎などは、小さな範囲の中で上がったり下がったりしながら、所得が低くなっています。(沖縄はほぼ横ばいです)

この統計からも、地域間の格差が広がっている傾向がわかりました。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました