雑学

世界中に金はどのぐらいあるの?

この記事は約2分で読めます。

世界中にどのぐらい金があるのだろう~?

なんと、採掘総量は約15万トン程あるのだそうです。
しかし、その内の15パーセントが行方不明となっており、確認されている金は約13万トンあるそうです。

13万トンといっても、よくわからないですよね(^^)?

実はオリンピックで使われている50メートルプールの約3杯分にあたります。意外と少ないんだなぁ☆ 掘られていない金があと約7万トンほどあるようですが、掘れない場所にあるものが多く存在しているようです。

[ad] 

金の量に限界があるために、
電子機器などで使われていた金を再利用して活かしているのです。

更新日現在、金の値段が上がっています。
国が滅び、お金が紙くずになったとしても・・・ 「金」(Gold)を持っていれば生きていけそうです☆

というのも、金は紀元前3000年前から使われており、その当時から貴重なものとして扱われていたそうです。時代に関係なく、価値のあるものとして世界中で認められているのですね☆

世界経済が混乱した時、自国の紙幣が紙くずになる恐れがあり、これを回避するために金の需要が増えているというわけです。

追記
最近では電子機器にも用いられ、携帯電話やパソコンの基板などに金が使われています。

何故金を用いるのか?

金は伸びる性質があるので破裂することがなく、これが携帯電話などの寿命を延ばしているのです♪ 金ちゃん☆ ありがと

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました